JA京都
暮らしのなかにJAを

  • ホーム
  • ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー策定の目的

JA京都(以下、当組合)及び当組合役職員(以下、役職員)がソーシャルメディアを運用するにあたり、その考え方や一定のルールを定め、情報発信を円滑に行うことを目的とします。当組合がソーシャルメディアを通じてコミュニケーションを図ることにより、組合員や地域の方とより良好な関係を築くとともに、広くJAグループのイメージや価値の向上に貢献します。当組合が運営する公式アカウント、役職員が個人で所有するアカウント、このほか役職員がソーシャルメディア内で行う全ての情報発信に適用され、不適切な姿勢や認識の下でソーシャルメディアを利用することにより、JAグループのイメージを毀損し、信頼性を損ねる結果になること、お客様およびお取引先様など個人や団体に対してご迷惑をお掛けすることを回避します。

ソーシャルメディア運用の目的

当組合は、JAのステークホルダー(組合員、利用者、役職員、行政など)へのJA事業内容や管内農業の情報発信を目的にソーシャルメディアの運用を行います。

ソーシャルメディアの定義

本ソーシャルメディアポリシーにおける、ソーシャルメディアとは、LINE@、ブログ、ツイッター、その他SNS(ソーシャルネットワークサービス)等のインターネットを利用してユーザーが情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりするサービスを想定しています。

当組合及び役職員のソーシャルメディア運用について

ソーシャルメディアにおける情報発信や対応にかかる自覚と責任
  1. 情報発信に際しては、不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に認識します。
  2. ソーシャルメディアを通じた情報発信が社会的に大きな影響を持つことを十分に認識します。
  3. 1. 2.に掲げることについては、当組合内で運営要領を策定し、当組合役職員に対する教育を徹底します。
当組合が運用するソーシャルメディア
  • LINE@(登録名:JA京都)
    (当組合が運用する公式アカウントとする。)
役職員が利用するソーシャルメディア
  • ブログ、ツイッター、その他SNS全般(Facebook、LINE、Instagram等)
法令等の遵守
  • 情報発信にあたっては、法令や内部規程を厳格に遵守します。
発信内容
  • 当組合の農畜産物直売所「たわわ朝霧」に関する情報
  • 当組合の各事業に関する活動・イベントおよび各種キャンペーン情報
運用時間について

上記「発信内容」に掲げる内容を不定期に発信します。なお、この発信は年末年始を除く9:00~17:00の間に行います。ただし、即時性が求められる情報については、この限りではありません。

※なお、役職員が個人的に利用するソーシャルメディアについての発信内容及び発信時間については上記の限りではありませんが、当組合の役職員であることの自覚と責任を十分認識します。

著作権

当組合のソーシャルメディアより発信する内容の著作権は全て当組合に帰属しますので、無断での転用・複製などは固くお断りいたします。

個人情報

当組合は、ソーシャルメディアの運用にあたっては、個人情報保護方針を遵守します。

免責事項

  1. ソーシャルメディアにおける当組合ならびに、JAグループ京都役職員からの情報発信すべてが、当組合の公式発表・見解を必ずしも表しているものではありません。あらかじめご了承ください。正式な発表に関しては、当組合ホームページ、およびプレスリリースなどにてご確認ください。
  2. 当組合及び役職員が運用するアカウントからのリンク等により、他者が運営するホームページ等へ移動後に生じたトラブルについて、当組合は一切の責任を負いません。
  3. 「当組合及び役職員が運用するソーシャルメディア」を利用して発信した情報は発信時点のものであり、時間・状況の変化により変更されることがあります。あらかじめご了承願います。
  4. 本ソーシャルメディアポリシーは、予告なく変更する場合があります。

ページの先頭へ