JA京都
暮らしのなかにJAを

納豆もち

納豆もち

納豆発祥の地と言われる場所は全国にあり、京北もその一つです。昭和40年代中頃まで、どの家でもツト納豆を作りました。今では納豆を作る家はほとんど無くなってしまいましたが、正月三ヶ日に納豆もちと豆腐のみそ汁を食べる習慣は残っています。

材料(1人分)
  • もち 200g
  • 納豆
  • きなこ
  • 砂糖
作り方
  1. もちを搗いて200gずつに分ける。
  2. ホットプレートで焼く。
  3. きなこをまぶしながら、丸く薄く伸ばす。
  4. 塩で和えた納豆をもちの半分にのせ、砂糖をふりかけて折りたたむように包む。
製作者

人魯 保子さん

検索して探す

ページの先頭へ