JA京都
暮らしのなかにJAを

油揚げの宝煮

油揚げの宝煮

中から何が出てくるか楽しみな宝煮。

材料
  • 油揚げ(いなり寿司用) 8枚
  • かんぴょう 30cm× 8本
  • 鶏モモ肉 120g
  • 糸こんにゃく 200g
  • 干ししいたけ 4枚
  • ゴボウ 45g
  • ニンジン 35g
  • 焼き豆腐 1/2丁
  • ギンナン 8粒
  • 黒大豆(味付き) 16粒
  • 栗(味付き) 8個
  • 調味料a [しょうゆ1/4カップ、砂糖大さじ4、酒大さじ1]
  • 調味料b [だし汁2カップ、みりん大さじ1]
作り方
  1. 油揚げはたっぷりの熱湯で油抜きをし、冷めてから一方の端を切って袋状にする。
  2. かんぴょうを洗って塩もみし、しなやかになったら洗って水分を切っておく。
  3. 鶏肉を細く切る。糸こんにゃくは食べやすく切って熱湯に入れ、1~2分茹でてざるに上げ、水分を切っておく。干ししいたけを柔らかく戻して千切りにする。ゴボウの皮をこそげ、ささがきにし、水を2~3回替えてアク出しをし、水分を切る。ニンジンを千切りにする。
  4. 焼き豆腐を1cm角に切る。
  5. 調味料aを煮立て、(3)の材料を入れてしっかりと味付けをし、最後に豆腐を入れて煮立てる。
  6. (1)の油揚げに(5)の具を詰め込み、ギンナン、黒大豆、栗を入れて俵のような形に整え、かんぴょうでくくる。
  7. 調味料bと(5)の煮汁があれば入れ、(6)を並べて落としぶたをし、煮汁が1/3ぐらいになるまで中火で気長に煮る。
  8. 器に盛り、煮汁を少量かける。
コツ・メモ
  • 食感を柔らかく、しっかり味を染み込ませるためには油抜きを上手にすること。
  • 焼き豆腐はつぶれやすいので最後に詰める。
製作者

原田芳子さん

検索して探す

ページの先頭へ