JA京都
暮らしのなかにJAを

柏もち

柏もち

端午の節句に欠かせない縁起物のイメージが強い祝いもちですが、丹波地方では“さなぶり”にも鯖ずしと共に作られたようです。

材料(60個分)
  • うるち米 4合(一晩水につけておく)
  • 片栗粉 200g
  • 水 1カップ
  • あん 適量
  • 柏の葉 60枚(きれいに洗っておく)
作り方
  1. 米を40分程度蒸す。
  2. (1)を一旦、塩水でよく洗い、ぬめりを取る。
  3. 再び40分程度蒸す。
  4. (3)をもちつき機でつく。つき上がるまでに水で溶いた片栗粉を入れる。
  5. つき上がったもちを板の上に取り、片栗粉をふってめん棒でのばす。
  6. のりなどの空き缶を利用して(5)を丸くくり抜く。
  7. もちであんを包み、柏の葉で包む。
  8. 10分ほど蒸し、葉の色が変わったら出来上がり。
コツ・メモ

片栗粉を入れることでツヤが出る。

製作者

西村やゑさん

検索して探す

ページの先頭へ