JA京都
暮らしのなかにJAを

JA京都 採用サイト2024

小かぶのかにのっぺい

小かぶのかにのっぺい

彩りがきれいで体がとても温まる、やさしい味の一品です。

材料(4人分)
  • 小かぶ 2個(500g~600g)
  • 小かぶの茎  適量
  • かに身 80g
  • 卵 1個
  • おろしショウガ 15g(大さじ1ほど)
  • かつお 10g、紙パック
  • 昆布 8cm
  • A(みりん 大さじ2、塩 小さじ1、淡口しょう油 小さじ1)
  • B(片栗粉 大さじ1、水 大さじ1~1.5)
作り方
  1. 小かぶは皮をむき、8等分のくし形に切って面とりする。かに身は荒めにほぐし、茎は塩ゆでして水にとって長さ1.5cmほどに切る。
  2. 鍋に小かぶを入れてヒタヒタの水(2.5~3カップ)を加え、昆布と紙パックに詰めたかつおとともに火にかける。
  3. 沸とう後1分くらいで昆布を取り出し、Aを加えて7~10分ふたをして軟らかくなるまで弱火でゆっくり煮る。
  4. 軟らかくなればかつおを取り出し、Bを加えてとろみをつけ、かに身、とき卵を入れて少々煮立て、小かぶの茎、ショウガ汁を加えて仕上げる。
コツ・メモ

煮物用に分厚くむいた皮を1cm角の色紙切りにし、塩少々からませて軟らかくし、水洗いした後、梅酢や赤しそふりかけ「ゆかり」であえると食物繊維たっぷりのあっさり味の小鉢が出来ます。

検索して探す

ページの先頭へ