JA京都
暮らしのなかにJAを

冷製トマトのスパゲティ

冷製トマトのスパゲティ

真っ赤に熟れたトマトをたっぷり使いましょう。

材料(4人分)
  • トマト 大 2個500gほど
  • にんにく 1/2片
  • きゅうり 1/2本
  • たまねぎ 少々
  • スパゲティ 250g
  • あればバジル 少々
  • A バージンオリーブ油1/3カップ、バルサミコ酢大さじ2、塩小さじ1、粗びき黒こしょう、タバスコ、スープの素各少々、様子をみて砂糖小さじ1/2ほど
  • B 水2500cc、塩25g
作り方
  1. トマトはヘタをくり抜き、てっぺんに十字の切り込みを入れ、沸騰した湯に5~10秒つけてすぐに水に取り、冷えてから皮をむき、横半分に切って種を取り除き、5mm~10mm角に切る(本来は種を取り除くが、トマトらしさをお好みなら残しても良い)。
  2. にんにくのすり卸しとA、(1)を合わせ手で軽くもむように混ぜ合わせ、冷蔵庫で半日ほど置く(最低1時間は置くこと)。
  3. Bを深鍋に入れてしっかり煮立て、スパゲティを入れて指定茹で時間より少し長くやや柔らかめに茹で、冷水に取って手早くもみ洗いし、水気を切る。
  4. (2)のソースと(3)、あれば粗みじん切りのバジルを合わせて、味をととのえ皿に汁ごと盛りつける。
  5. きゅうりは5mm角に切り、たまねぎはスライサーにかけて水にさらして(4)に飾る。
コツ・メモ

熟したトマトは味に深みがあり、充分寝かせるだけでコクのあるソースに仕上がります。冷やしそうめん感覚で、さっぱりたっぷり食べられる簡単メニューです。ビタミンたっぷりのトマトと生絞りのバージンオリーブ油のさわやかな香りと味、豊富な栄養分、アミノ酸たっぷりのバルサミコ酢(なければ黒酢やフルーツ酢)が夏バテの体をきっと元気にさせてくれるでしょう。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ