JA京都
暮らしのなかにJAを

JA京都 採用サイト2024

伏見とうがらしの炒め煮

伏見とうがらしの炒め煮

夏バテ気味でも食が進む、包丁いらずの簡単メニュー

材料(4人分)
  • 伏見とうがらし 200g
  • 刻み干しシイタケ 10g
  • ちりめんじゃこ 10g
  • サラダ油 大さじ1~2
  • 砂糖 小さじ2
  • 酒 大さじ2
  • シイタケの戻し汁 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ2
作り方
  1. 伏見とうがらしはヘタを取って手で半分ほどの長さにちぎり、水で洗って種を流す。
  2. 干しシイタケは水につけて戻す。戻し汁を大さじ1ほど残しておく。
  3. 鍋にサラダ油をひき、水気を切った伏見とうがらし・シイタケ・ちりめんじゃこを炒める。
  4. しんなりしたらAを入れ、煮汁が無くなるまで、混ぜながらじっくり仕上げる。
コツ・メモ

・伏見とうがらしの種は、ヘタと一緒にほとんど取り除けます。
・シイタケは刻んでから干してあるものを使うと便利ですよ。
・もう1品何か欲しい時、煮物など他の料理の待ち時間にも手早く作れます。
・水分を控えてしょうゆは少し多めに入れ、山椒の実などを加えれば日持ちする常備菜に。

製作者

京野菜部会女性部 丹波支部 支部長 岡本 民栄さん

検索して探す

ページの先頭へ