JA京都
暮らしのなかにJAを

京壬生菜ごはん

京壬生菜ごはん

ごま油のコクと、梅干しの酸味で食が進む

材料(3人分)
  • 京壬生菜 1袋(200g)
  • 米 2合
  • 薄口しょうゆ 20cc
  • 酒 60cc
  • だし汁 適量
  • ちりめんじゃこ 30g
  • 梅干し(大)1個
  • ごま油 20cc
作り方
  1. 米は洗っておく。
  2. 京壬生菜は根元の方からさっと湯で、1cmの長さに切る。
  3. 炊飯器に米、薄口しょうゆ、酒を入れ、通常の水加減の目盛りまでだし汁を加える。さらに、ちりめんじゃこと梅干しを入れて炊く。
  4. (2)をごま油で炒める。
  5. ごはんが炊き上がったら軽く混ぜ、梅干しの種を取り除く。(混ぜるうちに、実が自然に細かくなる)
  6. ごはんに(4)の京壬生菜を混ぜ合わせる。
コツ・メモ

・京壬生菜は生でも食べられるので、根元がしんなりする程度に湯がけば十分です。
・仕上がりが水っぽくならないよう、京壬生菜は水気をしっかり切ってから炒めてください。
・だし汁は何でも良いですが、「エーコープかつおだし」がおすすめです。

製作者

京野菜部会女性部 日吉支部 支部長 谷口いつ子さん

検索して探す

ページの先頭へ