JA京都
暮らしのなかにJAを

万願寺とうがらしのゼリーよせ

万願寺とうがらしのゼリーよせ

胡麻豆腐と卵豆腐に添えて出していますが、ちょっとした夏らしい一品になり喜ばれます。ゼリーよせの良いところは、だしも粗末にせずに全部食べられること。それと、万願寺とうがらしをたっぷり食べられることです。

材料(4人分)
  • 万願寺とうがらし 300g~400g
  • だし汁 400cc
  • ゼラチン 10g
作り方
  1. 万願寺とうがらしを火に通す(焼く、ゆでる、レンジで加熱、のいずれか好みで)。
  2. (1)をフードプロセッサーなどを使って細かく刻む。
  3. ゼラチンに熱湯50ccを注ぎ、ふやかしておく。
  4. 好みの味つけをしただし汁に(2)と(3)を加え、流し箱に注ぎ冷蔵庫で固める。
  5. 固まったら切り分けて、味噌などを添える。
コツ・メモ

夏はしっかりした味の方が良いと思うので、じゃこ・昆布・かつおだしに、淡口しょう油と味りんでちょっと濃い目に味付けをします。

製作者

梅津 淳子さん

検索して探す

ページの先頭へ