JA京都
暮らしのなかにJAを

ワカメずし

ワカメずし

夏場にうれしい、さっぱり味のおすしです。美味しい板ワカメさえあれば、後はみず菜の代わりにサヤエンドウ、タケノコの代わりに干ぴょうなど手近にあるもので良いとのこと。

材料
  • 米 4合
  • 酒 100cc※
  • 酢 90cc
  • 塩 小さじ1強
  • 砂糖 100g弱
  • 板ワカメ 20g
  • 卵 1個
  • みず菜 適量
  • タケノコ 300g弱
  • 昆布茶 適量
  • 塩 適量
    ※炊飯時の水の1割を酒に変えると良い。
作り方
  1. タケノコを煮てしょう油などで味を付ける。
  2. 酒を加えて炊いたごはんに合わせ酢を混ぜる。
  3. 卵を薄焼きにし、細く刻んで錦糸卵を作る。
  4. みず菜を熱湯にさっと浸けて水気をしぼり、食べやすい長さに切る。
  5. (4)を塩でもみ、昆布茶を振る。
  6. 板ワカメを砕く。
  7. すし飯にタケノコを混ぜ、ワカメ・みず菜・錦糸卵の順に散らす。
コツ・メモ

板ワカメは袋のままもみほぐすと扱いやすい。

ワカメは食べる直前にふりかける方がパリッとして美味しい。

製作者

大下富子さん

検索して探す

ページの先頭へ