JA京都
暮らしのなかにJAを

マーボーかぶら

マーボーかぶら

ピリッとした辛さの中にカブの甘みが広がる

材料(4人分)
  • 聖護院かぶ 1個
  • ショウガ 適量
  • ニンニク 適量
  • ネギ 適量
  • 豚ミンチ 100g
  • 豆板醤(トウバンジャン)小さじ1
  • 鶏がらスープ 150cc (A)
  • しょうゆ 大さじ1 (A)
  • みそ 大さじ1 (A)
  • 酒 大さじ1 (A)
  • 砂糖 小さじ1 (A)
  • サラダ油 少々
  • 水溶きかたくり粉 適量
作り方
  1. 聖護院かぶは皮をむいて1.5cmの角切りにし、2~3分ゆでてざるにあけておく。ショウガ、ニンニク、ネギをみじん切りにする。
  2. Aを混ぜて合わせておく。
  3. フライパンにサラダ油をひき、ショウガ、ニンニク、ネギを炒める。そこに豚ミンチと豆板醤を入れ、豚ミンチに火が通るまで炒める。
  4. 3に水切りをした聖護院かぶとAを入れ、煮立たせる。
  5. 最後に水溶きかたくり粉を加え、とろみを付ける。
コツ・メモ

・ 聖護院かぶは生のまま使用すると水分が出て味が薄くなってしまうので、下ゆでをしてから使用してください。
・ 今回のレシピは、カブをハクサイなど他の野菜に変えても使用できます。

製作者

京野菜部会女性部 篠支部 木村 みちかさん

検索して探す

ページの先頭へ