JA京都
暮らしのなかにJAを

サトイモの柚子みそ煮

サトイモの柚子みそ煮

出来れば、軟らかくなるまで火を通して置いておき、食べる前に仕上げて温かいうちに食べると、とろけそうで美味しいです。

材料(4人分)
  • サトイモ  500g
  • エビ 5~6尾
  • インゲン 50g
  • 柚子皮 少々
  • A(かつお10g、紙パック1枚、水ヒタヒタ、塩ひとつまみ、うすくちしょうゆ小さじ1)
  • B(白味噌60g、さとう大さじ1、 みりん大さじ2)
作り方
  1. サトイモを洗い、沸騰したたっぷりの湯で3分ほど茹でて水に取り、布でこするか、スプーンで削るかして皮をむく。
  2. Aのかつおを紙パックに詰めて(1)とともに鍋に入れ、ヒタヒタの水と塩を加え、沸騰後、弱火でしっかり軟らかくなるまで煮る。
  3. エビは皮のまま背わたを取り、竹串をさして真っすぐにし、(2)の鍋に加えて火を通し、冷めてから串を抜き、皮をむいて1.5cmのぶつ切りにする。インゲンも色よく茹でて同様に切る。
  4. Bを合わせて混ぜ、なめらかにしておく。
  5. (2)のサトイモが軟らかくなり煮汁が半分くらいになれば、(4)をあちこちに分けて入れ、鍋をゆすりながら味がなじみ煮汁が少なくなるまで煮つめ、(3)を加える。
  6. 柚子の黄色い皮のみ細切り、またはすりおろして散らす。
コツ・メモ

サトイモは、今回のように表面だけ火を通したあと水にとってむく方法のほか、前もって洗って乾かしたサトイモを乾いた手でむいたり、レンジで温めてからむくと手がかゆくなりません。また、酢をかけるとかゆみ(シュウ酸)がやわらぎます。
かつおの効いただしで本当に軟らかくなるまでじっくり煮込み、甘めの味噌を加えて味を絡ませます。冷めるとやや色が濃くなります。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ