JA京都
暮らしのなかにJAを

さつま芋の二色茶巾絞り

さつま芋の二色茶巾絞り

茶巾絞りや栗きんとんはおせち料理の一品として作り続けています。

材料(8個分)
  • さつま芋 500g
  • 砂糖 90g
  • 塩・酢 少々
  • 抹茶 小さじ2
  • 熱湯 大さじ1・1/2
作り方
  1. さつま芋は皮を厚めにむき、300gほどにし、半日水にさらしてあくを抜く(みょうばん液に20分ほど浸けてもよい)。
  2. 【1】を厚さ3cmの輪切りにし、鍋に芋がかぶるくらいの水と、酢を入れ、中火でゆでる。少し柔らかくなればゆでこぼし、水を入れ替え、砂糖(10g)を入れ、柔らかくゆでる。
  3. 水気を切り、熱いうちに裏ごしする。
  4. 鍋に【3】と砂糖(80g)、塩を入れ、弱火にかけ、木しゃもじで混ぜながら煮詰める(丸められる固さに練り上げる)。
  5. 【4】の半量を器に取り冷ます。残りの半量に熱湯で溶いた抹茶を加え、弱火で練り合わせる。風味が落ちないよう短時間で。
  6. 冷めたら各4等分し、固く絞った濡れ布巾で絞り、形を整える。
コツ・メモ

・砂糖を入れてゆでることで、裏ごしの時にダマができない。
・湯がく時に酢を入れると色がきれいにさえる。
・練る時は木しゃもじで鍋底から返すようにして焦げ付かないよう注意する。

製作者

宇野正子さん

検索して探す

ページの先頭へ