JA京都
暮らしのなかにJAを

いなりずし

いなりずし

材料(4人分)

すし飯

  • 米 4カップ
  • 合わせ酢[酢大さじ7、砂糖大さじ3、塩小さじ3]
  • いりゴマ 大さじ2

・油揚げ16枚、A[水1カップ、酒大さじ4、砂糖1カップ、しょう油大さじ8、みりん大さじ8]
・ゴボウ大1本、水1カップ、砂糖大さじ3、みりん大さじ1、しょう油大さじ3

作り方
  1. 油揚げを斜めに切って切り口を開き、熱湯で油抜きをする。
  2. 切り口を中央に向けて鍋の周囲に丸く並べる。
  3. Aを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にし、煮汁が少しになるまで煮含め、そのまま冷ましておく。
  4. ゴボウをささがきにする。
  5. 鍋にゴボウ、水、砂糖を入れ、煮立ってきたら中火にして煮続け、みりん、しょう油を入れて煮汁が少しになるまで煮る。
  6. すし飯が温かいうちに(5)といりゴマを混ぜる。
  7. 油揚げの煮汁を軽くしぼって、(6)を詰める。
コツ・メモ

・油揚げを煮る時は、汁が上方へ上がるように鍋の中央をあける。前日に煮ておき、翌日に煮上げると味が染み込みいっそうおいしい。
・きれいな三角になるよう、先の部分にすし飯をぎゅっと押し込む。

製作者

柿谷 悦子さん

検索して探す

ページの先頭へ