JA京都
暮らしのなかにJAを

あみ笠だんご

あみ笠だんご

亀岡では「だんご」といえばこの形が一般的です。各家に伝わるあみ笠や碁盤、鹿の子など様々な模様の木型。その黒光りする表面は大切に使われながら代々受け継がれてきたことをうかがわせます。

材料(1臼分)

[だんご]

  • 米粉 2.5kg
  • もち米 1合(洗って水に漬けておく)
  • 塩 小さじ2
  • 熱湯 9.5~10.5カップ
  • よもぎ 250g

[あん]

  • 小豆 7合
  • 砂糖 1.25kg
  • 塩 小さじ2
作り方
  1. だんご粉と塩を混ぜ、熱湯を少しずつ入れてよくこねる。
  2. (1)をちぎっておわん型にし、蒸し器に入れる。もち米も蒸気が上がり易いようにバラバラと入れておく。ヨモギは5~7分間蒸す。
  3. 沸騰後40分位で透き通った感じになったら筋にならないように臼でよく搗き、1個40gにちぎって丸めて型で押す。
  4. だんごに1個25gに丸めたあんを載せて2つ折りにし、あんが出ないように包む。
製作者

JA京都亀岡女性部本梅支部

検索して探す

ページの先頭へ