JA京都
暮らしのなかにJAを

新着情報

小豆の品質向上を目指して

2021年10月08日

小豆の品質向上を目指して

八木支店

 八木支店管内では9月中旬から小豆の開花が始まり、9月27日に2回目の防除作業を行いました。
 品種は京のブランド産品の一つ「京都大納言小豆」で、京菓子などの一粒一粒を大切にする高級菓子には欠かせない逸品です。そのため、実需者からの需要が高い反面、コロナ禍で土産物などの消費が低迷し、販売不振が懸念される中、より一層品質の高い小豆を生産するために害虫の防除作業を実施しました。
 同支店管内では、4つの農業生産法人等が約15ヘクタールの圃場で18トンの収穫を目標に栽培を行っていきます。
 防除作業は10月に3回目を行う予定です。

写真説明=開花した小豆圃場で行われた防除作業

ページの先頭へ