JA京都
暮らしのなかにJAを

黒豆ごはん

黒豆ごはん

お赤飯と同じくお祝い事にも活躍

材料
  • 米 1升(1.5kg)
  • 黒大豆(乾燥) 200g
  • 塩 20g
作り方
  1. 米は30分~1時間水に浸ける。
  2. 黒大豆はさっと洗って5~6時間水に浸け、そのままの水でゆでる。ぐらぐら沸とうしたら火を止めて、そのまま様子を見てざるに上げる。(少し硬めにゆでる。)ゆで汁は捨てないで取っておく。
    ※黒大豆は前日準備してもよい。(豆の汁の色が美しくなるので冷めた方がよい。)
  3. 米に豆のゆで汁を入れて好みの色、水加減(1割増しくらいの水)をし、黒大豆を入れ、炊き上げる。
  4. 炊き上がったら、塩をできるだけ黒大豆にかかるように振り、炊飯器のスイッチをもう一度入れて塩をなじませる。
  5. スイッチが切れたら10~15分蒸らし、黒大豆とごはんをよく混ぜる。
コツ・メモ

・黒大豆は一般的に煮豆にして食べますが、ごはんにしても豆の味がしっかりしておいしいです。
・豆のゆで汁でごはんの色もきれいになります。
・もち米で作る「黒豆の炊きおこわ」もおすすめです。

製作者

京野菜部会女性部 久美浜支部 葉賀昭美さん

検索して探す

ページの先頭へ