JA京都
暮らしのなかにJAを

鮎ごはん

鮎ごはん

8月ごろにとれるもので作るとおいしいです。冷めると生臭いので熱くして食べた方が良いです。

材料
  • 鮎大 6匹
  • 米 1.5kg
  • 薄口しょう油 1カップ
  • 酒 1/2カップ
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
作り方
  1. 米を洗ってザルにあげておく。
  2. 鮎を素焼きにする。
  3. 炊飯し始めて約10分後(沸騰の直前)に調味料と焼きたての鮎を入れる。
  4. ごはんが炊けたらむらす。
  5. 鮎を取り出して頭・骨を除き、ほぐした身とはらわた(好みで)をごはんにまぜる。
コツ・メモ

※鮎を入れるタイミングが重要。早いと生臭くなる。七輪があれば炭火焼きにした方が香ばしい。冷凍の場合は解凍しすぎないうちに素焼きにする。
※鮎の身をほぐすのは熱いうちにすると簡単。塩焼きを食べる時の要領で軽く箸で押さえ、頭をもって尾を下にし、菜箸でしごくようにする。

製作者

菅井梅乃さん

検索して探す

ページの先頭へ