JA京都
暮らしのなかにJAを

京うりとお豆腐の和風サラダ

京うりとお豆腐の和風サラダ

京うりは漬物として利用されることが多いですが、今回は和え物として使ってみました

材料
  • 京うり 1本
  • 海老 8尾
  • わかめ 少々
  • 絹こし豆腐(350g) 1丁
    (A) 練りゴマ大さじ1、白みそ大さじ1.5、塩小さじ1/3、さとう大さじ1.5、淡口しょう油小さじ1/2、みりん小さじ1、酢大さじ1
作り方
  1. 京うりはたて半分に切り、種をスプーン等で削り取り、うす切りにして塩を少々ふりしばらく置く。
  2. (1)の水気を絞り、沸とうした湯にさっと通して冷水にとり、冷えたら水気を絞っておく。
  3. 海老は皮付きのまま背ワタを取り、(2)の湯で茹でて、冷めてから皮をむき、1センチのぶつ切りにし、わかめもさっと湯通しして水にとり、食べやすく切る。
  4. 絹こし豆腐はタオルに包んでまな板等の間にはさんで斜めにして1時間置き、厚さが1/2になる位に水気をしっかり抜いて、フードプロセッサーに(A)と共に入れなめらかな白酢衣を作る。
  5. (4)を皿に敷き、(2)(3)を見栄え良く盛る。
コツ・メモ

塩をしてからさっと茹でると色がとてもきれいできゅうりなどにはないパリパリとした歯ごたえが楽しめます。フードプロセッサーで豆腐の衣を作るとなめらかでいくらでも食べられそうです。一番美味な中サイズでぜひお試しください。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ