JA京都
暮らしのなかにJAを

鯖ずし

鯖ずし

もっちりとした食感で食べ応え十分の鯖ずしは、盆や正月、婚礼などのもてなしの料理としてだけでなく、農作業の弁当としても親しまれてきました。

材料(4本分)
  • 塩鯖 2匹
  • 米 1升(うち1割はもち米。※約150g)

    [しめ鯖用の酢]

  • 酢 540g
  • 昆布 少々
  • 塩、調味料 少々

    [酢めし用の合わせ酢]

  • 酢 360g
  • 砂糖 160g
作り方
  1. )下処理を済ませた塩鯖を酢に一晩漬けてしめておく。
  2. 炊き上がったご飯に合わせ酢を数回に分けて入れ、うちわであおぐなどして荒熱をとりながら、酢めしを作る。
  3. 箱型(※)に酢めしをしっかりめに詰め、その上にしめ鯖を置き表面の薄皮をむく。ふたをして、竹の皮の上に押し出す。
  4. 竹の皮で包み、2時間ほど置いて味を落ち着かせる。

    (※)箱型がない場合は巻き簾などでも代用可。

製作者

篠町農業振興協議会

検索して探す

ページの先頭へ