JA京都
暮らしのなかにJAを

里もち

里もち

材料(60個分)
  • もち米 1升
  • こしあん (小豆1升、砂糖1.2kg、塩大さじ1)
  • 熱湯 適量
作り方
  1. もち米、小豆は一晩水に浸けておく。
  2. 小豆を水からゆでて、煮立ったらいったん湯を捨てアクを抜く。再び水を入れて軟らかくなるまでじっくり煮詰め、つぶしてこしておく。
  3. こした小豆を火にかけ、焦げ付かないようによく混ぜながら砂糖を加えていく。塩も入れてなめらかなこしあんに仕上げる。
  4. もち米を蒸し器で蒸す。
  5. 蒸したもち米を杵と臼でついていく。ある程度つけたら熱湯を加えてさらに軟らかくなるまでつき、仕上がったらボウルに移す。
  6. もちを適当な大きさにちぎって丸め、全体にあんをまぶす。
コツ・メモ

・(3)のとき、砂糖を一度に入れてしまうと軟らかくなり過ぎて飛び散りやすいので、3~4回に分けて少しずつ入れる。
・つき上がったもちはラップをかけて一晩寝かせるとまとまりが良くなり、あんをまぶしやすい。

製作者

京丹後市峰山町鱒留 徳田 光代さん

検索して探す

ページの先頭へ