JA京都
暮らしのなかにJAを

芋づるの佃煮

芋づるの佃煮

「戦後は芋のつるなんて食べたことなかったなぁ。佃煮の作り方を習おてからはもったいのうて、ほかされへんわ。」

材料
  • 芋づる 1kg
  • しょう油 1合
  • 酒 1合
  • ザラメ 60g(好みで調整)
  • あれば山椒、塩こんぶ、イカナゴなどを入れてもよい。
作り方
  1. 芋づるは一昼夜水に浸けておく。
  2. 引き上げて半日程、日陰に干す。
  3. 材料・調味料を全部一緒に入れて炊く。
  4. 汁が半分位になったら一度火を止め、半日程度休ませる。これを2回程度繰り返す。
  5. 汁気がなくなるまで煮詰める。
    冷凍しておけば半年くらいはもつ。
コツ・メモ

※芋づるは包丁で切るより、手でポキポキ折った方が長さを揃えやすい。

※一気に炊き上げず、半日休ませることでほどよい歯ごたえになる。

製作者

西田 雅子さん

検索して探す

ページの先頭へ