JA京都
暮らしのなかにJAを

瑞穂大納言小豆と根っこ野菜の京風吹き寄せ煮

瑞穂大納言小豆と根っこ野菜の京風吹き寄せ煮

瑞穂大納言小豆は粒が大きく皮がやわらかで和菓子に多く使われますが、今回は固めにゆでて、栄養価の高いゆで汁も使いあっさりと煮物にしてみました。 豆のうま味がかつおだしと混ざり一味違った味わいです。

材料(4人分)
  • 瑞穂大納言小豆 1/3 カップ(50g)
  • ダイコン 150g
  • レンコン 100g
  • ゴボウ 80g
  • サトイモ 小8 個
  • ニンジン 80g
  • カボチャ 150g
  • インゲン 50g
  • シメジ 50g
  • ちくわ 2 本
  • 【A】小豆ゆで汁と水で3 カップ、かつお適量(紙パック)、さとう大さじ1強、淡ロしょうゆ大さじ1、みりん大さじ2、酒大さじ2、 塩小さじ2/3
  • 【B】片栗粉大さじ2/3、水大さじ1.5
作り方
  1. 瑞穂大納言小豆は水2 カップと共に圧力鍋に入れて強火にかけ、沸騰後弱火で1分煮てから火を止める。
  2. ダイコン・レンコンは厚さ5mmのイチョウ切り、ゴボウとちくわは厚さ3mmのななめ輪切り、ニンジン、サトイモは皮をむき、厚さ5mmの輪切り、カボチャは厚さ5?の一口大、インゲンは長さ3?、シメジは2~3 本ずつにほぐす。
  3. ダイコン、レンコン、ゴボウ、ニンジン、サトイモはたっぷりの水と共に火にかけ、しっかり煮立ててからザルにあげておく。インゲンも色よくゆで水にとり、2cmの長さに切る。
  4. 鍋に【A】を合わせ、インゲン、シメジ以外の材料と小豆を入れ、沸騰後弱火で5分煮込み、【B】を加えてとろみをつけてシメジを入れて火を通し、インゲンも加える。
コツ・メモ

野菜の切り方、ゆで上がりに気をつけて色よく上品に仕上げましょう。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ