JA京都
暮らしのなかにJAを

五色きんぴら

五色きんぴら

馬場家の五色きんぴらのルーツは、実家のお祖母さんの「天竺煎り」という、ゴボウ・こんにゃく・じゃこの炒め物です。

材料(8~10人分)
  • ゴボウ 150g
  • レンコン 100g
  • ニンジン 50g
  • こんにゃく 50g
  • 昆布 10g
  • 白いりごま 大さじ1
  • 赤唐辛子 1~2本
  • 調味料 [だし汁1/2カップ、サラダ油大さじ1、酒・みりん・砂糖各大さじ1、しょうゆ大さじ2、塩少々]
作り方
  1. ゴボウは4cmの千切りにし、酢水でさらす。
  2. こんにゃくは湯煮して細切りに。
  3. レンコンは薄い4つ切りに、他の材料は千切りにする。
  4. (1)~(3)をサラダ油で炒め、酒・みりん・砂糖・しょうゆ・塩の順に調味料を加え、水分が無くなるまで炒り煮をする。
  5. 唐辛子は種を取り、細切りにして加える。辛さは好みで加減する。
  6. 出来上がったら白ごまをふる。
コツ・メモ

・ゴボウを酢水にさらす時間が長いと香りが抜けるので注意。
・若い人向けには歯ごたえが残るよう、手早く炒める。
・サラダ油をごま油に変えれば中華風になる。
・昆布の代わりに、春ならタケノコなど旬のものを加えても良い。

製作者

馬場和子さん

検索して探す

ページの先頭へ