JA京都
暮らしのなかにJAを

なすのイタリアン田楽

なすのイタリアン田楽

なすは東洋では体を冷やす働きがあると言われ、暑い日に食べると涼しくなります。また味噌とは相性が良く、いっしょに食べると中庸※を保てる効果もあり、田楽や和え物など昔からのメニューも色々あります。 ※片寄らず中正なこと

材料(4人分)
  • なす 4個
  • ピザ用チーズ 40g
  • にんにく 1/2片
  • バジル 3~4枚
  • サラダ油
  • A(田舎みそ大さじ1強、マヨネーズ大さじ3~4)
作り方
  1. なすはがくを見栄えよく残してぐるりと切り、縦半分に切る。皮目を少々落としてすわりを良くし、切り口に格子の切り込みを入れる。
  2. フライパンに油を少々入れ、両面を7割ほど火が通るくらいに焼き、オーブンの天板に並べる。
  3. にんにくはおろし金にホイルを張り付けて使う分のみすりおろし、Aと混ぜ合わせておく。
  4. (2)にバジルをちぎって乗せ、(3)を切り口全面に塗り、チーズをちらして予熱を取った高温のオーブン220~250℃で10分ほど焼く。またはオーブントースターやグリルで2~3分焼く。
コツ・メモ

今回はマヨネーズとみそを合わせ、バジルの香りを足してイタリアン風に仕上げました。フライパンで軽く焼いてから味噌などを塗って焼くと、油のビタミンEも取れますし、やわらかにおいしく早く仕上がります。バジルの代わりとして、火を通したミンチやキノコなどを入れると応用メニューが広がります。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ