JA京都
暮らしのなかにJAを

うなぎと賀茂なすのまぜごはん

うなぎと賀茂なすのまぜごはん

夏バテに効く料理といえば「うなぎ」というところから発想しました。タレは市販ものを使っても十分おいしいですよ。

材料(4人分)
  • 賀茂なす 4個
  • うなぎの蒲焼き 2尾
  • 青じそ 適量【タレの材料】
  • 濃い口しょう油 80cc
  • みりん 75cc
  • さとう 50g
  • 酒 25cc
    (みりん・酒を混ぜて沸騰させ、砂糖を溶かす。濃い口しょう油を混ぜて沸騰させた後、弱火で煮詰める。煮詰まったら手早く冷やす)
作り方
  1. なすの身をスプーンなどでくりぬき、一口大に切る。
  2. フライパンに油を熱して(1)を炒め、うなぎのタレをからめる。
  3. うなぎをあたためて、幅1cm程度に刻む。
  4. ごはんと(2)(3)を混ぜ合わせ、なすを器にして盛りつけ、青じそを散らす。
コツ・メモ

なすの実をくり抜いた皮は、ちょっと濃いめの食塩水にしばらく漬けるとあく抜きになり、褐変を防げて適当な柔らかさになります。器ごと召し上がってください。

製作者

野々村 順子さん・西村 真弓さん

検索して探す

ページの先頭へ