JA京都
暮らしのなかにJAを

いきいき菜園生活

「黒大豆」の栽培について

2021年05月 Vol.230

丹波支店 生産課 係長 西垣 吉裕

1 ほ場の準備

  1. 黒大豆栽培には、次のようなほ場を選びましょう。
    ①排水が良い
    ②土壌が肥沃である
    ③耕土が深い
    ④連作ほ場でない
  2. 堆肥と土壌改良資材は必ずやりましょう。
    堆肥200㎏、苦土石灰10㎏、
    BMようりん6㎏(1a当たり)

2 肥料と畝立て

  1. 基肥「豆豊」4㎏または一発肥料豆蔵3㎏(1a当たり)。
  2. 畝幅130~150㎝の1条植えを基本とします。

3 種まきの時期

  1. 6月10日~15日頃です。
  2. 種の量は約200g(1a当たり)必要です。

4 床まきの仕方

  1. は種間隔は5×5㎝の正条まきとします。
  2. 「へそ」の部分を横または下に向けてまきましょう。

    図1

  3. 覆土は種が隠れる程度(豆一粒分ぐらいの深さ)にしましょう。
  4. 覆土後は軽くかん水し、その後は、芽が出るまではかん水しません。
  5. 乾燥や鳥害を防止し、発芽を揃えるため寒冷紗または太陽シート等でべた掛けにしましょう。

5 植え付け時期

  1. 6月20日~30日頃で、は種後10日~15日(第一本葉が見え始めた頃)です。
  2. 株間50㎝を基本に植え付け子葉の下まで土に埋めましょう。
定植のポイント
植える向きにも気をつけてみましょう!

図2

図3

6 土寄せの時期

  1. 土寄せは、2回に分けて行いましょう。
    1回目 本葉3枚ごろ(初生葉の下まで)
    2回目 本葉6枚ごろ(第1本葉の下まで)
  2. 土寄せは7月20日頃までに終えましょう。

図4

図5

7 収穫の時期

11月に葉の8割以上が黄色くなった時を目安に葉取りを行い一週間程度放置して熟期を促進させ株を切り収穫しましょう。

図6

ページの先頭へ