JA京都
暮らしのなかにJAを

いきいき菜園生活

「ホウレンソウ」の栽培について

2020年09月 Vol.222

丹波支店生産課 塩見 誠

1 畑の準備

種まき2週間前

苦土石灰を1㎡当たり100~150gまき、深さ約30㎝までよく耕しておきます。

図1

種まき1週間前

1㎡当たり堆肥2㎏と化成肥料100gをまき、土とよく混ぜた後、幅60~70㎝、高さ10㎝ほどの畝を立てます。

2 播種作業(種はやや厚めに覆土する)

畝に15~20㎝間隔で、深さ約2㎝のまき溝を作ります。

図2

1、2㎝間隔に種をまき、畝が平らになるくらい土をかけ、手や鍬などで土を押さえます。

図3

3 間引き

発芽がそろい、本葉1、2枚の頃に株間2、3㎝に間引きします。
葉が込み合ってきたら随時間引き、最終的に6、7㎝間隔になるようにします。

4 追肥

1回目の間引きの後に追肥します。1㎡当たり30~50gの化成肥料を条間にまき、軽く土の表面を耕しておきましょう。

図4

5 収穫

草丈約20㎝になった時が収穫適期です。地際から抜き取りや包丁・ハサミでの切り取りによって収穫してください。

図5

病害虫防除
フォース粒剤
ホウレンソウケナガコナダニ(全面土壌混和)
ラッソー乳剤
除草(播種直後、全面土壌散布)
カスケード乳剤
ホウレンソウケナガコナダニ、ハスモンヨトウ等(4000倍薬剤散布)

ページの先頭へ