JA京都
暮らしのなかにJAを

いきいき菜園生活

「年間栽培計画」について

2014年02月 Vol.143

杉本 重喜

植物は、動物のようにエサを求めて過ごしやすい場所に移動することはできません。家庭菜園では、植物のしくみや働きをよく知り、生育に都合のよい条件を作り出すことが上手な栽培の基本となります。

(企画営農課 係長 杉本 重喜)

主な野菜の栽培時期

主な野菜の栽培時期

拡大画像を表示

今回ご紹介している作業時期は、栽培計画を立てるための目安として示しているものです。JA京都管内も範囲が広く地域によって気候が異なりますのと、栽培可能な時期にも幅がありますので、その点を考慮して栽培してください。

ページの先頭へ