JA京都
暮らしのなかにJAを

いきいき菜園生活

「アスパラガス」の栽培について

2018年01月 Vol.190

アスパラガスは永年性の野菜です。植え付けから3年後ぐらいから収穫が始まり、数年で最盛期を迎え、10年ほど収穫し続けられます。ほどよい苦味と甘味が特徴で、取りたては柔らかく風味豊かです。定番のベーコン巻きやサラダはもちろん、天ぷらや炒め物にしてもおいしくいただけます。

1年目

播種・育苗
  • 3~4号のポットに良く肥えた土(腐葉土など)を入れ、種を2、3粒播きます。
  • 草丈が約10㎝ になったら化成肥料をひとつまみ入れると良いでしょう。そしてこのまま1年間育苗します。
  • 1年目の管理夏は乾燥したら水をやり、冬に茎葉が枯れたら地上部は刈り取ります。

2年目

①土作り・ほ場準備
  • 苗の植え付け3週間前までにほ場を準備します。
  • 30~40㎝の深さの溝を掘り、堆肥と元肥を施してよく耕します。
  • 排水性を良くするため、畝立て(株間約50㎝を確保)を行います。
②植え付け
  • 2年目の春(3月の中頃から4月中頃)に植え付けます。
  • 株間50㎝で植え穴を掘り、苗をポットから外したら根が傷まないようにそっと植え穴に入れ、芽の上に4~5㎝土がかかる程度に覆土します。
  • 植え付け後はたっぷりと水をやりましょう。
  • 2年目の管理
  • 2年目は収穫せずに株を育てます。茎葉が成長すると1m以上になりますので倒伏しないように、四隅に支柱を立てて紐を張ります。
  • 追肥は3~4月(元肥)、5~6月(成長期)、12月(茎葉刈り取り後)の3回行います。

3年目

収穫
  • 3年目の春(4~6月)から収穫し始めます。
  • 芽が20~25㎝になったら根元から切って収穫します。

  • 3年目以降の管理
  • 収穫後、茎は一株当たり10本程度残しておき、来年のために株を充実させましょう。
  • 2年目と同じように3回追肥を行い、12月に茎葉を刈り取りましょう。
栽培のポイント

  1. アスパラガスは根をよく成長させることが多く収穫するコツです。植え付け時の肥えた土作り、ほ場の準備が欠かせません。
  2. アスパラガスは夏の乾燥にとても弱いです。梅雨が明けたら全体にもみ殻やわらを敷きます。乾燥防止だけでなく雑草の抑制にもなりますのでおすすめです。
  3. 市販でアスパラガスの大株(根)が購入できます。その場合は11~12月の間に植え付け、翌春から収穫できます。少しでも早く収穫したい方におすすめです。

ページの先頭へ