JA京都
暮らしのなかにJAを

  • ホーム
  • 新着情報
  • 平成30年産米食味ランキングで丹波キヌヒカリが3年連続「特A」獲得

新着情報

平成30年産米食味ランキングで丹波キヌヒカリが3年連続「特A」獲得

2019年03月01日

平成30年産米食味ランキングで丹波キヌヒカリが3年連続「特A」獲得

営農部

 2月27日、日本穀物検定協会が発表した平成30年産米食味ランキングでJA京都管内産の「丹波キヌヒカリ」が最高評価の「特A」を3年連続で獲得しました。髙田己喜男常務理事は「大変厳しい状況の中、3年連続で特Aを獲得されたことは非常に嬉しい。栽培して頂いたお米は、さらにPRを拡大し、今後も有利販売につとめていきたい」と話しました。
JA京都では、これからも生産者と一体となっておいしいお米の生産につとめていきます。

 米の食味ランキング=日本穀物検定協会が主催し、産地・品種ごとに米の食味を「特A」「A」「‵A」「B」「‵B」の5段階で格付けします。複数産地の「コシヒカリ」のブレンド米を基準に、「外観」「香り」「味」「粘り」「硬さ」「総合評価」の6項目の総合点で評価されます。

ページの先頭へ