JA京都
暮らしのなかにJAを

新着情報

安全・安心な甘長とうがらしの出荷を目指して

2022年07月27日

安全・安心な甘長とうがらしの出荷を目指して

京野菜部会美山支部

 京野菜部会美山支部では、京の伝統野菜「伏見甘長とうがらし」の生産を古くから行っています。今年度は14人の生産者が栽培に取り組んでおり、出荷規格を統一するため生産者が集まり、7月14日に目合わせ会を開きました。 
 南丹農業改良普及センターや園部黒田支店生産課の担当者を講師に研修も行い、部会長を中心に栽培技術の指導やサポートできる点などについての意見交換を行いました。
 今年度の作付け規模は全体で3,100株を定植し、多い生産者では400株を定植。生産目標は8トンと定めています。
 伏見甘長とうがらしの出荷は6月下旬からスタートし、10月末まで収穫を行います。同支部のある美山町は自然が豊かで、京都府下でも冷涼な地域であることから品質も良く、京都市場では美山ファンの購買者も多くいます。
 収穫は早朝から始まり、栽培管理は夏の炎天下の中、整枝作業などを行います。こうした努力を積み重ねることにより、消費者に安全・安心な農産物をお届けしています。

写真説明=出荷物をしっかりと確認する生産者

ページの先頭へ