JA京都
暮らしのなかにJAを

新着情報

丹波黒大豆の集荷ピーク迎える

2022年01月24日

丹波黒大豆の集荷ピーク迎える

JA京都

 JA京都では現在、「新丹波黒大豆」の集荷ピークで、JA豆施設は調整作業の繁忙期を迎えています。
 管内の集められた黒大豆は機械選別の後、割れや腐りがないか確認し、実需者の要望により手選別も行っています。
 新丹波黒大豆はコロナ禍の影響もあり、和菓子需要は厳しい状況にあるが、近年ではお正月需要のほか、洋菓子やパンの素材として利用され、年々需要が高まってます。
 今年の作柄は夏期の高温障害により、昨年より収量が6割程度少ないものの大粒に仕上がっています。市場出荷は3月上旬まで。

写真説明=集荷された黒大豆

ページの先頭へ